オリンピック競技 馬術体験レポート

サウンドバックインストラクター 内田広大氏の公式サイト[セブラルマインドインク]より引用
オリンピック馬術で6回出場の杉谷泰造さんに馬術を教えてもらうの巻
馬術体験

コーチ:杉谷泰造さん
日時:平成30年1月17日(水)
場所:杉谷乗馬クラブ(大阪)

コーチ 杉谷泰造さん紹介

生年月日:1976年6月27日生
所属:杉谷乗馬クラブ

オリンピック6大会連続出場の馬術競技日本代表。
日本選手最多連続記録を更新して、父・祖父ともに日本代表選手。
障害馬術選手。祖父・川口宏一、父・杉谷昌保と三代続けてオリンピック・馬術競技日本代表を務め、2016年リオ・デ・ジャネイロでは、オリンピック6大会連続出場の日本記録を樹立。

6歳で馬術競技を始め、17歳で渡欧。
オランダの元チャンピオン、ヘンク・ノーレン氏に師事し、活躍の舞台を国際大会に移す。

2000年にラスベガスで行われた、ワールドカップ・ファイナルでは、日本人最高位記録となる15位、さらに2010年の世界選手権ケンタッキー大会では世界のトップ10に入り、その実力を証明した。
現在は日本とドイツを往復しながら、世界最高峰の大会を中心に転戦を続けている。

戦績

  • 2001年 Japan Cup ランキング 1位
  • 1996年 アトランタオリンピック 個人64位 団体15位
  • 2000年 シドニーオリンピック 個人25位 団体11位
  • 2004年 アテネオリンピック 個人16位 団体12位
  • 2008年 北京オリンピック 個人29位
  • 2012年 ロンドンオリンピック 個人33位
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック 団体13位

馬術体験レポート

こんにちは。うちだ広大です。

テコンドー、柔道、テニス、水泳、カヌー、卓球、ときて今回はなんと馬術です。
馬に乗りました。 1月17日に、大阪和泉市にある、「杉谷乗馬クラブ」さんで、馬術を教えていただきました。

講師として教えていただいたのは、オリンピック6回出場の「杉谷泰造さん」です。
6回出場って凄すぎます。
そんな杉谷さんに今回は馬術で、馬の乗り方を教わってきました。

馬に乗る前に「勝負哲学」を聞いたのですが、その前に施設の紹介をして下さいました。
この日はあいにくの雨でしたが、普段入ることはないであろうVIP席なども見ることができました。

ここがVIP席で、杉谷乗馬クラブさんでは、大会なども開催しているそうで上の特等席から大会観戦ができるそうです。
馬術体験1

荷物をかけるフックがゴールドの馬でビップ感を感じます。
馬術体験2

当日はあいにくの雨天でしたが、こちらがVIP席から見下ろせる会場の景色。
馬術体験3

勝負哲学をしっかり聞かせていただき、いよいよ乗馬体験です。

インストラクターのみなさん、もちろん馬に乗ったことはもありませんので全員初体験。
なんだか少しづつ緊張してきました。

雨だったこともあり、室内の練習場での体験でした。
まずは、乗り方などの説明を受けます。
馬術体験4

トップバッターは屋宜さんです。
ボクシングの国体選手でもあった屋宜さんは流石に体感バランスも良く、トップバッターというハンデながら上手に乗れていました。
馬術体験5

カヌーでは、池ぽちゃを2度しながらも頑張っていた玉田さん。
しっかり乗れていました。
馬術体験6

村岡さんもコツをすぐに掴み軽快に馬をコントロール。
馬術体験7

サウンドバックのボスの米田さん。
何をやってもこなしてしまう驚異の身体能力です。

馬が黒王に見えました(笑)
馬術体験8

4人ずつで入れ替わりのトップバッターは、私、内田です。

このとき杉谷さんは、上から見ていたので説明はなく、「では乗って下さい」と。

思わず、えーーーー!?笑

説明のないまま乗らないといけなかったので緊張してはいましたが、うまく乗る事ができてました。
馬術体験9

私、内田の乗馬姿の動画を撮っていただきました。

2番手は、事務局も務める松見さん。
馬術体験10

みなさん初めてでしたがしっかり乗れていました。

そして関さん。
馬術体験11

空手で鍛えた軸のブレなさは素晴らしいです。
馬も気持ち良さそうに走ってました。

最後は、「1番上手い!」と言われた高橋さん。
馬術体験12

高橋さんもすごく上手で姿勢が素晴らしく、初めてを感じさせない乗りこなしです。

最後の二人が、1位、2位で様になっていました。

 
思った以上に馬の背中は高かったです。

馬を乗るときには、馬ができるだけ不快にならないように注意を払い、自分ヨガリで馬のことを考えずに乗ると馬を上手にコントロールできないという事がわかりました。
動物も人間と同じように、相手の音を考える事が必要だと実感しました。

思った以上に乗馬は楽しいものでした。
これで、馬術の見方も大きく変わると思います。

杉谷さん本当にありがとうございました。

最後は、杉谷さんとみなさんで記念写真。
馬術体験13

 
サウンドバックインストラクター 内田広大氏の公式サイト[セブラルマインドインク]より引用
オリンピック馬術で6回出場の杉谷泰造さんに馬術を教えてもらうの巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です