政府主導で働き方改革が宣言され、日本の企業の仕組みも大きく変わろうとしています。

それに伴い、パート、アルバイトの人件費の高騰や、社員と同一の仕事をしているパート、アルバイトには社員と同じ給料を払わなくてはならない時代になってきました。

さらに、残業の規制も入ります。

特に慢性的な人手不足である今、残業規制は、大企業だけではなく、中小企業にとっては大きな問題です。

働く人がいなくて倒産する可能性があるのです。

人手不足とともに、離職問題も多くの企業で人事の頭を抱えさせる問題となっているでしょう。

人手不足と業務過多あなたの会社は大丈夫?人手不足を考える前に出来る事

最近では、入社して3年後に入社した社員の3分1が退職していると言われています(厚生労働省の2017年度調査)

そして、特に問題とされているのは、若手社員らが次々辞めていく「連鎖退職」です。

ある日突然社員が次々と辞めていく。

このような連鎖退職が原因の倒産も今増えてきています。

そうなる前にあなたの会社でできることってなんでしょうか?

先日、大阪のMBS(毎日放送)の「せやねん」で面白い企画がありました。

それは、「大相撲オフィス場所」という企画です。

具体的にどんな企画かというと、
・社内の人間関係を良くしたい!
・あのライバル関係の2人を仲直りさせたい!

相撲でしっかり体と体をぶつけあって
オフィスの人間関係をより良くしたい
(せやねんHPより抜粋)

その時は、回転寿司大手のあきんどスシローさんにて行われていました。

内容は、上司や、話しにくい人と相撲を取ることで絆を深め、コミュニケーションを円滑にしようという企画です。

私たちが4年前に開発した、サウンドバック研修で行っていることと限りなく近いです!というか一緒です。

が、サウンドバック研修では、コミュニケーションがより円滑になるだけでなく、さらに上司が部下の気持ちを受け止められるようになる座学も一緒に学ぶことができます。

TVでこのような企画が行われるということは、昨今のブラック企業の告発、炎上や、パワハラ問題などもあり、それがネットを中心に関心があることから企画が始まった背景ではないかと思います。

つまり、時代がようやく私たちのサウンドバック研修が目指す方向と一緒になってきたのです!

企業の社員間でのコミュニケーションは大切で、深刻な問題にもなっています。

ここ数年、企業研修は、座学的な研修からファシリテーションスキルや自分で考えて行動できるスキルの習得へと、変化してきました。

最近では体験型研修なども注目されていますが、今、最も企業が取り組まないといけないことは、社員がいかに安心、安全で働ける環境を作るか?ではないでしょうか?

安全な環境だ!と思うことができれば、離職は減ります。

上司であるあなたが部下の気持ちを受け止めることができれば、もっと社内での意見は出てきます。

あなたへの相談は増えます。

「頼まれごとは試されごと」とも言いますが、あなたの会社は、社員からの頼まれごとってありますか?

あなたが一方的に社員に押し付け、社員を試していませんか?

それでは、会社は崩壊してしまうのです。

あなたが社員の気持ちを受け止めることをしなければ、連鎖退職が起こってしまうのです。

政府が決めが働き方改革は、中小企業にとっては賃金の値上げにつながり、大きな負担が強いられるでしょう。

その時に、あなたの会社を好きで、心から働きたい!社長、部長頑張りましょう!そう言ってついてきてくれる社員をどれだけ増やせるかが、深刻な人手不足と言われる危機を乗り越えるために必要なことではないでしょうか?

そのためには、働き方改革で残業削減!というわけではないのです。

社員のコミュニケーションを円滑に進め、上司であるあなたが、社員の気持ちを受け止めることなのです。

「せやねん」の企画の相撲で相手をしっかり受け止めるように、あなたは心で社員を受け止めるということをしないと、これからの企業は生き残っていけません。

そんな大切なことが、実は私たちが行っているサウンドバック研修で体験できるのです。

あなたの会社のホントの財産を増やすお手伝い。

私たちは、日本のすべての企業の財産である「人を守る」研修を行っています。

詳しくはこちら
サウンドバック研修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です